食料品の遺品整理とそのほかの物品の整理、処理について

比較的食料品の整理、処分は簡単だが、そのほかの遺品整理はなかなか大変で、
そいうたいった遺品整理を専門にした業者がいるがちゃんと下調べする必要が有ります。

遺品整理のパートナー

食料品の遺品整理とそのほかの物品の整理、処理について

故人の遺品整理をする際に、分類分けされる物としては預金通帳、手帳、日記、家具、衣類、電化製品、食料品などがあります。

こういった中で、預金通帳や貴重品、食料品関係は特に問題なく処理す売る事ができますが、それ以外の、家財道具、つまり衣類や家具、電化製品などは、必要とされるものからそうでないものまで様々です。

冷蔵庫や電子レンジなどは、十分に利用できますが、故人の衣類等はなかなか再度利用しようという気にはなれない人もいるとおもいます。

そこで、そういった遺品整理を処分する専門の遺品整理ネクストなどの業者の話を最近よく耳にします。

こういった業者では、故人の遺品を有料若しくは無料で引き取ってくれるため、時間の無い現代人にとっては大変助かるサービスとなっています。

しかしながら、こういった業者の中にも悪質な業者はいるようで、実際に昨年度だけでも被害相談件数が200件を超えています。

被害例としては、請求額と異なる金額を請求されたとか、無料引き取りと聞いていたのに、いざ荷物をのせて出発と言う時に料金を請求されたとか、さらには、回収した遺品を、山の中に違法投棄したりと悪質な業者の被害は確実にそんざいしています。

そのためこういった業者を利用しないように、しっかりと利用する前に下調べが必要だと思います。

【参考サイト】
東京本寿院:遺品供養

Copyright (C) kubuntuway.net. All Rights Reserved.

遺品整理のパートナー